すずきすずブログ

私は30代の専業主婦です。日々の生活の中で感じたことや、経験したこと、おすすめしたいことなど、いろんなことを書いています。

バセドウ病について

バセドウ病という名前は、歌手の絢香さんで有名だと思います。

バセドウ病

まずバセドウ病とは、甲状腺ホルモンが過剰に分泌され甲状腺機能が亢進する病気です。全身の新陳代謝が異常に早くなることで、様々な症状があらわれます。20代~30代の若い女性に多い病気で、国内には数万人の患者さんがいると云われています。

 

甲状腺ホルモンとは、喉仏(甲状軟骨)の下の気管の外側についている甲状腺から分泌されるホルモンのことで、エネルギー代謝を調節する重要なホルモンです。甲状腺ホルモンには、体内のタンパク質合成やエネルギーの代謝、酸素消費などの能力を高める作用があります。

 

亢進とは、高い度合にまで進むことです。

 

バセドウ病の症状 

 バセドウ病の症状について後で記載しますが

私は風邪のような症状がでました。

私の症状は、熱、だるさ、喉の痛み、疲れやすい、動悸、手のふるえ、イライラするの6つの症状がありました。脈が100回を超えたり、熱が38度でたり37度に下がったり、2階に行くだけで息切れしたり、夫にイライラしたりしました。

私は大きな病院を受診するまでに2つの病院で診てもらいました。

 

1つめの病院では、インフルエンザの検査をして陰性、熱冷まし、のどの炎症を取る薬を処方されて帰ってきました。

 

2つめの病院では、甲状腺が腫れていると言われ、同じ薬を処方され、薬を飲み切っても症状が取れない場合は血液検査をするのでまた来てくださいと言われました。

 

2つめの病院を受診し、甲状腺が腫れていると言われたことで大きな病院に行くきっかけになりました。

 

このようにバセドウ病は、風邪と判断がつかず気づきにくい病気なのではないのだろうかと私は感じました。

 

バセドウ病の症状はすごくたくさんあります。

脈拍数が多く心臓がドキドキする、たくさん汗をかく、手足がふるえる、体重が減る、目が出る、疲れやすい、イライラする、暑がり、甲状腺が腫れる、原因不明の体重減少、微熱が続く、月経異常などです。

 

私も夫も甲状腺が腫れているとは全然気がつきませんでした。

 

バセドウ病の検査

バセドウ病は血液検査とエコーで診断するようです。

血液検査をした結果、私はALP、AST、ALT、CRP、FT3、FT4の値がかなり高かったです。

 

ALP、AST、ALTは肝機能の値です。先生が言うには、バセドウ病では肝機能の値が高くなることがあるようです。

 

CRPは炎症の値です。咽頭炎のため高くなっていると言われました。

 

FT3、FT4は甲状腺ホルモンの値です。

 

検査の結果

血液検査の結果、バセドウ病で間違いないだろうということでした。

バセドウ病では薬による治療から始めて、薬が効かない場合に手術療法かアイソトープ治療か選択することになります。

薬を飲んで2週間後にエコーと血液検査で受診することになっているので、また2週間後にどうなったのか報告しようと思っています。

昨日病院を受診してきました。

朝7時30分に出発。約20分したところに、いつも寄るセブンイレブンで朝ごはんを買っていざ病院へ!!

 

病院には9時前に着きました。

 

入ってすぐにスタバがあるけど終わった後の楽しみのため、スタバを見つめながら受付を目指します。

 

私は甲状腺が腫れていると病院で言われていたので、内分泌内科を受診。

 

内科だけでも糖尿病内科、膠原病内科、内分泌内科、消化器内科に分かれている。さすが大きな病院は違います。

 

2時間ほど待って採血。結果が出るまで時間がかかるから昼を食べて2時頃に来てくださいと説明を看護師さんから受けて病院内の食堂に行くことになりました。

 

「診察終わったらスタバでモカフラペチーノを飲むぞ!!」

その目的のためにはいくらでも待つ覚悟で来ましたがいったいいつまでかかるのだろう。

 

2時前に行くと、まだ10人くらい待ってる人が・・・・・

 

私が来た時に座っていた人もまだいました。

待ってるおじさん、おばさん、おじいちゃん、おばあちゃんと「どこから来たんですか?」とか「なかなか呼ばれませんね」など世間話をしながら待っていると

 

一人また一人と減っていき。

 

結局、私が呼ばれたのは3時半過ぎ、最後から3番目でした。

 

先生から血液検査の結果、甲状腺ホルモンの数値が高い、肝臓の数値が高い、甲状腺腫れている疲れやすい頻脈を総合的に判断した結果

 

咽頭炎+バセドウ病だと思います。」

 

エコー検査をしていないためバセドウ病だと思いますという診断でしたが、バセドウ病として治療していくことになりました。まずは薬による治療を行い、薬で改善しない場合はアイソトープ治療手術療法か選択することになると先生から説明を受けました。

 

インターネットで調べてなんとなく予想していました。でも先生から言われたときはやっぱりショックでした。

 

薬の効果は2週間飲んでも出てこないようでしたが、エコー検査をするため2週間後に再度受診して、血液検査も一緒にすることになりました。血液検査は薬の効果をみるため病院を受診したら絶対するようです。

 

先生から説明が終わって時計を見るともう4時を回ってました。

 

受診料の支払いが終わって、やっとスタバへ!!スタバでモカフラペチーノを飲むことができて疲れが少し吹き飛びました。病気じゃなければもっともっと美味しかったのに。

 

はてなブログの読者数が21名になりました。ひとりひとりにコメントしたいと思っていますがなかなかできないのでこの場を借りてお礼を言いたいと思います。本当にありがとうございます。

どうでもよいことですが昨日空を見ると三日月でした。

 

次はバセドウ病について書きたいと思っています。

私のひとり飯

Netflix野武士のグルメお題「ひとり飯」

私のひとり飯は、夫が友達の結婚式で北海道帯広市に行くことになり、一緒についていった時に食べたうな重です。

私は式に参加しなかったので贅沢させてもらいました。

場所は、森のスパリゾート北海道ホテル1階にある和食・六郎です。

美味しいご飯を食べたあと、モール温泉にも入れて大満足な旅行になりました。


Sponsored by Netflix

絶対スタバに行くんだ。

私が住んでいる田舎からスタバまで行くためには

車で約1時間ほどかかります。

 

けれど1時間かかっても行きたい。私はスタバのモカフラペチーノが何としても飲みたいんです。夫はソイラテ(アイス)

 

たまに飲むと本当おいしい!!

 

なーんて本当の目的は病院なんですけど。

 

実は風邪をひいてしまいました。38度の熱がでたので近くの病院に行ったところ

インフルエンザの検査をして陰性。風邪薬をもらって帰ってきました。

 

この風邪、すごく厄介な風邪だったんです。

 

治ったと思ったらぶり返す。こんなことは初めてでした。

 

近くの病院以外にも車で約20分くらいの総合病院も受診したんですが、もらった薬も同じでした。

 

でも、何日も治らないんです。しかも、だんだん息切れがひどくなってきて疲れやすくなってきてしまいました。階段を使うだけでハアハアってなるぐらい。

 

近くの病院をもう1度受診したところ甲状腺が腫れているようだと先生に言われ、大きな病院に行くことに決めました。

 

その病院内にスタバがあるんです。

私自身の身体のことが第一なんですが、スタバ楽しみです。

 

なぜスタバに行こうってなったのかというと、夫の姉が私が少しでも気持ちが晴れるようにとスタバの小さなカードをプレゼントしてくれたんです。

なんていい人なんでしょう。優しさに感謝。

 

すごく可愛いカードで、このカードにお金をチャージして使うことができるようです。

はやく使いたいです。

 

病院でどんな診断されるか不安もありますが、スタバのモカフラペチーノを飲むために頑張ります。

 

ちょっと話脱線しますが、書きたくなったので書かせてください。

 

私の今の活力の源はこのブログです。まだ1ヶ月も続けていないけど、皆さんに見てもらえることですごく元気になれます。ありがとうございます。

子宮筋腫について

書き忘れていたことがありました。

 

私は昔子宮筋腫があるとこの病院で診断されました。そして、その先生に子供ができない時は私のところに来なさいと言われていました。

 

まさか、本当に子供ができないなんて思ってもいませんでした。

 

先生を頼りに10数年ぶりに病院を受診しましたが、

先生は診察はしていましたが手術はしていませんでした。

 

結局、違う先生に超音波検査を受けて子宮筋腫があるという診断でした。

 

超音波検査では、子宮や卵巣の状態をみます。子宮筋腫子宮内膜症の有無、卵胞の発育状態や内膜の形状や厚さから排卵日を推定することができます。排卵後の卵胞消失の確認にも使用します。月経期には5mm程度の卵胞が、排卵期には20mm程度になり、さらに排卵によって、のう胞様の像が消失する様子を正確にモニターすることができます。卵巣に多数の中小卵胞が見られる多嚢胞性卵巣(PCOS)、チョコレート嚢胞、卵巣腫瘍なども診断することができます。

 

子宮筋腫とは女性の病気の中でもとくに多い病気です。成熟期の女性に多く、40歳の女性の4人に1人は子宮筋腫をもつと言われています。実際には、ごく小さな米粒ぐらいの筋腫まで含めれば、ほとんどの人がもっているといってもいいほどです。つまり、子宮筋腫があることに気付かないまま、過ごしている人も少なくないのです。

 

初診時に受けた検査は、超音波検査、子宮頸がん検診、性感染症検査、血液検査、血圧・体重測定です。

 

性感染症検査では、卵管性不妊の原因となる、性行為感染症クラミジア、淋菌を調べます。